型枠積算システム

デモンストレーション受付中!   

型枠積算システム ひらいだしくん Pro10

バージョンアップしました!
※追加機能
  型枠数量の一括出力、多様なパネル割付に対応しました

現在、躯体工事で最も重要とされる型枠工事のなかで、工事金額の決定に関わる
正確な型枠数量の把握。工事管理や現場コストに大きく左右される
型枠加工図・型枠資材の拾い出しを熟練された技術者から開放し、専門知識
がない初心者でも使える操作性と型枠数量積算や加工工程の省力化および
合理化を目的とし十数年にわたり研究を重ね生まれました。

  型枠工事における社内の生産性向上を実現します。

拾い出し完了までの時間を大幅短縮します


屋根勾配・3D表示
 複雑な勾配屋根の図面は『屋根勾配』で入力。取り合い部分の確認は『3D表示』で確認できます。

3D表示

CADファイル入出力機能


 元請けから提供されるCADファイルから図面情報を取り込むことで、ひらいだし完了までの時間を大幅に短縮します。

 『DXFファイル図面』 『DXFコンバータで読込・編集』  『ひらいだしくんデータ生成』

型枠加工図
平打ちや控えなど加工する人が一目でわかるよう表示されます
加工図

 型枠数量・型枠材料

工事金額の決定に関わる重要な型枠数量は、各部材の接続部などを控除した『躯体実数量』と建築積算研究会制定の『建築数量積算基準数量』の2種類があります。集計表と部材別明細票があり、積算数量の一部明細には積算根拠を確認できる計算式が印刷されます。



このページのトップへ