建築CAD

枠組足場仮設CADシステム            



敷地の形状設定から仮囲い・建材等の足場割付・単管足場まで部材配置を行う、画期的な仮設計画CADシステムです。新規の仮設足場から改修工事の仮設足場、解体工事の仮設足場、いずれも可能です。

総合仮設計画図の一貫処理を実現

任意の縮尺レイアウトで平面仮設図・各種立体仮設計画図を自動作成

建枠・ブレス・布板・アサガオ・各種ネット・仮囲・単管等の基本的な部材から細かなクランプ類に至るまで多数を標準マスター化しています。インチ・メートル共に対応。部材割り付け配置後、3次元仮設パース表示等により高さ確認、イメージ確認も一瞬でOK。3次元パース図は現場の近隣説明会等に効果的です

仮設現場を再現したような作図も思いのまま

    



実際の現場で起こりうる問題を考慮して製作されています。3次元処理により、平面・立面・部材数料が同時に処理されるので時短効果は絶大です。膨大な量の図面製作も自動割り付け+変更の容易さで迅速に処理します

一側足場仮設計画CADシステム
       

1則足場仮設CAD

ユーザーの視点で作成された本格的な3次元仮設計画CADシステムです。統一規格のない一側足場の形状・サイズを可変登録することで、ほとんどの足場メーカーへの対応を可能にしています。

総合仮設計画図の一貫処理を実現

3D図面 時間効率を重視し、短時間で一棟分のデータ作成が可能

住宅の壁・屋根形状入力を独自の工夫により省力化、足場も外周はもちろん気になる下屋足場も簡単に配置します。他にも総合仮設には欠かせないフェンス・ゲート・ごみ箱・仮設トイレ等の環境部材から住宅形状、メインの足場部材一式までデータを網羅しています。
また、現場のさまざまな立地条件に対応する機能も備えています。支柱位置にある高低差(ブロック塀等)や設置面の傾斜を設定でき、もちろん支柱の縦割りに連動します。
効率的かつスピーディな処理を実現

3次元モデルによる現場をシュミレートしながらの仮設計画が完成します。そこからすべての仮設計画図面(平面・立面・断面・パース)と、マスタファイルと連動して仮設資材の数量・重量データを正確に抽出。効率的かつスピーディーな処理を実現しています。
 優れた互換性による高精度なデータ変換が可能

DXFファイルはもちろん、DWGファイル、JWW(JWC)ファイル、SXFファイルのIN・OUTも可能です。優れた互換性を持っていますので、取引先のCADに対して高精度なデータ変換が可能です。

※オプションのCworksデータトランスレーターが必要です

仮設現場を再現したかのような作図も思いのまま

住宅足場CADの新基準!一側足場のプロが監修を担当。だから実際の仮設現場で起こりうる問題を考慮して製作されています。3次元処理により平面・立面・部材数量が同時に処理されるので時短効果は絶大です。膨大な量の仮設図面製作も自動割付+変更の容易さで迅速に処理します。是非デモンストレーション(実演)にて他社製品との違いを実感して下さい。割付速度と適正な自動割付の違いにに驚かれると思います。                   
    割付平面図               割付立体図(回転自在)

          
     割付立面図              ビジュアルな作図構成
              

改修工事等で撮影した現場デジタル写真、または竣工図面のスキャナーデータを簡単にCAD割付図面と合成する事ができます。写真・スキャナーデータのスケールをCADのスケールに調整する機能がありますので、建物に対して足場を割付けたようなリアルな仮設計画図を簡単に完成する事ができます。
JPGデータBMPデータの合成が可能です。

          
   CAD割付図面               写真等のJPGデータ


 
  CAD図面とJPGデータの合成


  
  


  
   




解体業パッケージ
       

解体業CADソフト

簡単操作で豊富な表現を実現

建屋入力

外廻りだけでなく内部の躯体もしっかりと表現できます。
RCだけでなく鉄骨部材もOKです。解体コンクリートのガラノボリュームも把握でき、運搬時の車輛手配の無駄も防げます。
出力画面・数量拾い

足場の平面図を描いたら立面図に利用して省力化。

解体現場を再現したような作図がおもいのまま

解体施工計画書の図面作成だけでなく、解体現場をリアルに再現したパースは近隣説明、プレゼンにも大きく力を発揮します。営業力アップ、受注力アップにつながります。


このページのトップへ